環境研究総合推進費 播磨灘を例とした瀬戸内海の栄養塩管理のための物理-底質ー低次生態系モデルの開発

ブテーマTheme

全体目標(研究計画書)
長期的なデータが充実している播磨灘を対象とし、陸起源、底質起源、太平洋起源の各栄養塩が播磨灘の栄養塩に占める割合と、その時間変化を定量的に示すことができる物理-底質-低次生態系結合モデルを構築する。
数値モデルと現場観測・実験により、外洋と底質から供給される栄養塩量の時間変化を定量的に明らかにする。
さらに、人為的にコントロールが可能な陸域からの栄養塩供給量を変化させた数値実験を行い、播磨灘の栄養塩濃度の空間分布や応答を調べ、播磨灘の栄養塩管理法について提言を行う。

サブテーマ1底質からの栄養塩溶出量の変動機構の解明

研究概要
底質からの栄養塩溶出量の変動機構を解明するため、現場観測と室内実験により基礎生産・沈降粒子束・底質からの栄養塩溶出を同一の観測点において見積もる。
実施機関
香川大学瀬戸内圏研究センター・農学部
メンバー
  • 多田邦尚(教授)サブテーマリーダー
  • 一見和彦(教授)
  • 山口一岩(准教授)
  • 中國正寿(博士研究員)

サブテーマ2物理ー底質ー低次生態系モデルの開発

研究概要
サブテーマ1により見積もられた底質からの栄養塩溶出量の変化と水中での有機物の分解過程を再現できる底質モデルと低次生態系モデルを開発する。
また、太平洋起源の栄養塩の挙動を解析可能な黒潮域を含む瀬戸内海を対象とした空間分解能1㎞の低次生態系モデルを開発し、このモデルの結果を境界条件とする播磨灘を対象とした空間分解能500mの物理―底質―低次生態系モデルを開発する。
実施機関
愛媛大学沿岸環境科学研究センター
メンバー
  • 森本昭彦(教授)サブテーマリーダー
  • 郭新宇(教授)
  • 吉江直樹(講師)
  • 博士課程学生(3名)